月別アーカイブ: 2018年10月

横浜市瀬谷区 S様邸 外壁屋根塗装工事 部分塗装

DSCN2033

本日は破風板などの部分塗装を おこなっていきたいと思います。 今回のブラウンは、既存のブラウンよりも若干トーンを 落とした感じの柔らかいブラウンを調合してみました。 外壁が全体的に既存の色よりも淡い感じの仕上がりとなりましたので トーンを落とすことで、全体が柔らかい雰囲気となります。   中塗り乾燥後・・ 仕上げていきます。         &nb
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市瀬谷区 S様邸 外壁屋根塗装工事 部分塗装 下地処理

DSCN2033

 本日は部分塗装の下地処理を おこなっていきたいと思います。 破風板の継ぎ目を処理していきます。  上のような継ぎ目の場合、継ぎ目が非常に細いので このままシールしてもほとんどシーリング剤の厚みが確保できないので もう少し幅を広げ、シーリングの厚みを確保していきたいと思います。 軽視しがちなところですが、この部分から水が入ると 下の三角部分のボードの傷みが非常に早くなります。   少し幅
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 瀬谷区 S様よりご感想いただきました!

瀬谷区 S様

嬉しいお言葉ありがとうございます。 おっしゃるとおり私は常に何年後のことを考えながら 最善の策を考えて施工させていただいております。 そうしたことに気づいていただけることは、職人として非常に嬉しいことであります。 また今後共どうぞよろしくお願いいたします。                    

横浜市瀬谷区 S様邸 外壁屋根塗装工事 外壁仕上げ

DSCN2033

本日も引き続き 外壁の仕上げをおこなっていきたいと思います。  本日で外壁の塗装は終了いたしました。 次回より部分塗装にはいっていきたいと思います。                                 「いのは」の塗装は お見積
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市瀬谷区 S様邸 外壁屋根塗装工事 外壁中塗り~仕上げ

DSCN2033

 本日は引き続き外壁の中塗りをおこない 続いて仕上げをおこなっていきたいと思います。 それでは中塗りしていきましょう。    色分け部分も中塗りしていきます。   全体の中塗りが終了いたしましたので、 乾燥後、仕上げをおこなっていきます。      メリハリのある色分けでいい感じですね。 仕上がりが楽しみです^_^ 明日も引き続き仕上げをおこなっていきます。
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市瀬谷区 S様邸 外壁屋根塗装工事 外壁フィラー~中塗り

DSCN2033

 本日は残っているフィラーを塗布し 先日フィラーが終了しているところから、中塗りをおこなっていきたいと思います。   それではフィラーを塗布していきます。  続いて中塗りをおこなっていきます。        明日も引き続き中塗りをおこない 乾燥後仕上げをおこなっていきます^_^           &nbsp
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市瀬谷区 S様邸 外壁屋根塗装工事 外壁下地調整材フィラー

DSCN2033

 本日は外壁の下地調整材フィラー を塗布していきます。   丁寧に塗布していきます。 丁寧に・・といっても 何が丁寧になのかといいますと・・ 下塗りといえど、しっかりと最後に整えながら塗布していくということですね。 人それぞれ塗り方はありますが、私の場合は全体に塗料を均したあと 最後に優しくまっすぐ縦におろしていきます。    次回も引き続きフィラーを塗布していきます。 &nb
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市瀬谷区 S様邸 外壁屋根塗装工事 軒天仕上げ~外壁下塗り

DSCN2033

 本日は軒天の仕上げと 外壁の下塗りをおこなっていきたいと思います。 先日1回目を塗布いたしましたので 仕上げていきましょう。    続いて外壁の下塗り(シーラー)を塗布していきます。 既存の外壁に染み込ませていくイメージですね。                       &n
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市瀬谷区 S様邸 外壁屋根塗装工事 軒天塗装

DSCN2033

 本日は軒天の塗装をおこないます。 一回目の塗装となりますね。    本日は終了です。 明日仕上げをおこなっていきます。                             「いのは」の塗装は お見積もりから施工まで、すべて店主の濱田 (一級塗装
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市瀬谷区 S様邸 外壁屋根塗装工事 引き続きシーリング

DSCN2033

 本日も引き続きシーリングをおこなっていきます。      今回はテープを貼らずにシーリング作業をおこなっっているので 少々繊細な作業となっております。   はみ出さないぐらいの材料を充填し・・  まずは、片側からゆっくりとなじませていきます。 このときに、力を入れてしまうとはみ出します。  続いて・・・    逆側から仕上げていきます。  両方向からならす
>> 見出し記事の続きを読む