月別アーカイブ: 2017年4月

横浜市 戸塚区 N様邸 各種部分塗装 仕上げ

DSCF6247

 本日は各種部分塗装の仕上げなどを 行っていきます。   「いのは」の塗装は お見積もりから施工まで、すべて店主の濱田 (一級塗装技能士)が 行います。 すべて私が手掛けますので、 お客様にはより安心した中で作業をすすめさせていただいております。 業者選びでお悩みの方は ぜひ一度、「いのは」へ相談くださいませ。 ご相談お見積もりはもちろん無料でございます。 お気軽なご連絡をお待ちいたしております。
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 戸塚区 N様邸 部分塗装 換気口 シャッターBOX

DSCF6247

 本日は部分塗装を行っていきます。 軒裏換気口やシャッターBOXなどを塗装していきましょう。   まずは、下塗りですね。     乾燥後中塗りを行っていきましょう。      乾燥後仕上げを行っていきます。      続いてエアコンのカバーを取り付けていきましょう。 先日外壁を塗装するために、取り外しておいたものですね。  取り外した時のビスは鉄のビスでしたので・・・
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 戸塚区 N様邸 屋根塗装下地処理 

DSCF6247

 本日は屋根の下地処理を行っていきましょう。  このように釘がういている個所がたくさんありましたので、打ち込んでいきましょう。  よりしっかりと効かせたいところがありましたので、ステンビスを打ち込んでおきました。    このような感じですね。 屋根の形状や立地などによりますが、釘の浮きやすいところがありますので、そういったところはビスで打つことで、より効かすことができます。   打ち込ん
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 戸塚区 N様邸 部分塗装 破風板 雨樋塗装

DSCF6247

 本日も部分塗装を行ってまいります。 それでは破風板に下塗りを施していきましょう。  2液性のエポキシ樹脂を塗布していきます。  細かいところは刷毛などで・・  乾燥後色付けをおこなってまいります。        今回の色ももちろん手作りです。 外壁のアイボリーと調和するよう、やや赤味を強調し作成いたしました。 たまたまですが・・ 既存の色と似ていますね。      雨樋も一緒
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 戸塚区 N様邸 部分塗装 及び 下地処理 

DSCF6247

 外壁の塗装も終わり本日より部分塗装 の処理を行っていきます。 まずは破風板などの処理を行っていきましょう。  破風板の継ぎ目などをシーリング処理していきます。 カッターで既存のシールを撤去します。 プライマーを施しシールしていきます。 続いて幕板の処理を行っていきましょう。 長年風雨で少々傷みがでていますね。 まずはペーパーヤスリで研磨していきましょう。 続いてエポキシ樹脂で処理をしていきます。
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 戸塚区 N様邸 外壁仕上げ及び軒天仕上げ

DSCF6247

 本日は外壁及び軒天の仕上げを行っていきましょう。       中塗りと同様、丁寧に仕上げていきます。      とても落ち着いた綺麗なアイボリー色ですね。 続いて軒天も仕上げていきます。   次回より部分塗装や屋根の塗装に入っていきます。   「いのは」の塗装は お見積もりから施工まで、すべて店主の濱田 (一級塗装技能士)が 行います。 すべて私
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 戸塚区 N様邸 外壁中塗り

DSCF6247

 先日外壁の下塗りが完了いたしましたので 今日は中塗りを行っていきましょう。    下塗りと同じように塗装していきます。 ここでもやはり・・整える・・は大事ですね。      次回は仕上げを行ってまいります。   「いのは」の塗装は お見積もりから施工まで、すべて店主の濱田 (一級塗装技能士)が 行います。 すべて私が手掛けますので、 お客様にはより安心した中で作業をすすめさせ
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 戸塚区 N様邸 外壁下塗り 及び 軒天塗装

DSCF6247

 養生作業や外壁の下地処理も終わりいよいよ 塗装に入りたいと思います。 しっかりと下地処理を施し、養生を完璧に行えば あとは、丁寧に塗装するのみ・・ それでは下塗りをしていきましょう。 丁寧に塗装していきます。 何を丁寧にといいますと・・・ ただ、ダダーと塗るのではなく、しっかりと整えながら塗装するということでしょうか? 材料を配り・・ 均一に均しながら・・ 最後に重要なのが・・ 縦なら縦にしっか
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 戸塚区 N様邸 養生作業

DSCF6247

 本日も引き続き養生作業を行っていきましょう。  玄関ドアなどは開閉出来るよう、養生していきます。 特にドアは、傷などをつけないよう更に内側にプラダンを入れて 養生します。 床などはお客様が滑らないように、ノンスリップ式のビニールを敷いていきます。   植木廻りなどは、出来るだけ通気を確保できるように養生していきます。 通気をできるようにしてあげないと、枯れてしまうからですね。 下回りなどは特に、
>> 見出し記事の続きを読む