月別アーカイブ: 2018年2月

横浜市 泉区のO様より嬉しいお言葉をいただきました。

泉区 O様邸

    喜んでいただいてなによりです。 職人冥利に尽きますね。 クリヤー塗装なので、写真では少しわかりずらいですが 実際はタイル模様の際立つ素敵なお家となりましたね。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。                  

横浜市 泉区 A様邸 外壁 屋根塗装  屋根中塗り

 本日は屋根の中塗りをおこなっていきます。 ブラウン系の落ち着いた色となりますね。 しっかりと塗布していきましょう。  細かいところは、刷毛などを利用して塗布していきます。 中塗り終了ですね。 後日仕上げを行なっていきます。                 「いのは」の塗装は お見積もりから施工まで、すべて店主の濱田
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 泉区 A様邸 外壁 屋根塗装  屋根塗装下塗り及びタスペーサー処理

 本日は屋根の下塗り及びタスペーサー処理を 行なっていきたいと思います。   2液型(硬化剤と主剤を混ぜ合わすタイプのもの)のエポキシ樹脂を塗布していきます。  染み込ませるように塗布」していきます。     乾燥後・・ タスペーサー処理を行なっていきましょう。 縦の目地の両サイドに差し込んでいきます。     タスペーサーとは   縦の目地   
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 泉区 A様邸 外壁 屋根塗装  外壁仕上げ

 本日は外壁の仕上げを行なっていきましょう。 それでは塗装していきましょう。 中塗りと同じよう丁寧に塗布していきます。 丁寧にといましても、一体何が丁寧にかといいますと・・ 材料を均一に塗布しつつ、最後にしっかりと縦に 下ろして仕上げていくといった感じでしょうか・・ 基本的なことですので、あまりエバって言うことではありませんね。 でも、意外と大事なんですよ・・ 最後のそろえが・・   &
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 泉区 A様邸 外壁 屋根塗装  外壁中塗り

 本日も引き続き外壁の中塗りを行なっていきましょう。 先日と同じように、中塗りを塗布していきます。   白系の色の部分の外壁が終わりました。   続いて色分けしていくところも中塗りしていきましょう。 ハッキリとしたコントラストとなるので、仕上がりが楽しみですね。                 &n
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 泉区 A様邸 外壁 屋根塗装  外壁中塗り

 本日は外壁の中塗りを行なっていきましょう。 先日外壁の下塗りが終了いたしましたので 本日は中塗りを行なってまいります。    しっかりと塗布していきます。    細部などは、刷毛などを利用しながら塗布していきます。 明日も引き続き中塗りをおこなっていきます。           「いのは」の塗装は お見積もりから施工まで、すべ
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 泉区 A様邸 外壁 屋根塗装  外壁下塗り

 本日は外壁の下塗りを行なっていきます。 今回のA様邸の外壁はモルタル外壁の既存がリシン吹きパターンの 仕上げとなっております。 ヘアクラックなどがやや多いので、しっかりとした塗装が良いと思うので 今回は通常の平塗り工法ではなく厚塗り(マスチック工法)で仕上げていきたいと思います。        平塗り工法                  マスチック工法 写真のようにこれだけ
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 泉区 A様邸 外壁 屋根塗装  養生作業及び軒天塗装

 本日は残りの養生作業と軒天井の塗装を 行なっていきましょう。   玄関ドアなどは開閉出来るよう(あたりまえですが・・) 養生していきます。      床廻りもしっかりとですね。     エアコンのカバーなどは外してしまいましょう。 こうすることで裏側もしっかり塗装が出来ますね。 それでは・・ 軒天を塗装していきましょう。 軒天は基本的にはつや消し
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 泉区 A様邸 外壁 屋根塗装  クラック補修3日目

 本日も引き続きクラック補修をおこなっていきます。   先日盛り付けを終えたところに、今日はパターン付けをおこなっていきたいと 思います。  このように なったところへ・・  吹付けにてパターンを付けていきます。   こんな感じですね。 これで廻りとの差がほとんどなくなりました。 ようやくクラック補修が終わりました。 ここまでで3日かかりましたね。 乾燥させながらの作業ですから
>> 見出し記事の続きを読む

横浜市 泉区 A様邸 外壁 屋根塗装  クラック補修2日目

 本日も引き続きクラック補修をおこなっていきましょう。 先日シーリングを行ないましたが、このままですと このままの跡になってしまいますので、廻りの外壁とのパターン 合わせをしてわからないようにしていく作業を行なっていきます。  まずはシーラー(密着剤)を塗布していきます。  乾燥後、シーリングの部分の段差を消していくために 盛り付けしていきます。  で・・・ここが大事です。 しっかりと輪郭をボカし
>> 見出し記事の続きを読む